クレジットカードで節約生活

クレジットカードのポイントやマイルを活用した節約術をご紹介しています。

クレジットカードのポイントについて

このページでは、クレジットカードの最大の魅力であるポイント制度についてご紹介していきます。

クレジットカードのポイント制度について

クレジットカードで買い物や公共料金の引き落とし、各種サービスの利用をすると、クレジットカードの発行会社から利用額に応じてポイントが付与されます。付与されたポイントは現金還元、電子マネーへの交換、各種商品との交換、別のポイントや航空会社のマイルへの交換・・・など使い道は様々です。

ポイントの付与率

クレジットカードのポイントがどれだけもらえるかは「発行会社」によって変わります。同じVISAカードであっても、発行会社が違えばポイント制度は全く別です。ですので、クレジットカードを選ぶ際には「ブランド」ではなく「発行会社」で選びましょう。気になるポイントの付与率ですが、一般的なカードでは利用額1,000円につき1ポイント付与されるケースが多いです。1ポイントは5円分の商品券や電子マネーと交換できるケースが大半です。ですから、「1,000円の利用につき5円分のポイントが付与される」わけですが、当サイトでは(一般的にも)これを還元率0.5%と表現します。この「還元率」は、クレジットカードを選ぶ際の重要なポイントになりますので、常に頭の中に入れておきたいものです。

年会費無料のクレジットカードであれば、還元率は0.5%であれば標準といったところだと思います。年会費がかかるクレジットカードであれば、還元率1%以上のものをチョイスしたいところですね。年会費が無料のクレジットカードでも、還元率が1%を超えるものも存在するのが事実です。また、通常の使い方だと還元率は良くないカードでも、ある一定額以上利用すると還元率が跳ね上がるものや、誕生日月や特定日は還元率が数倍になるものなどもあります。当サイトでは、そういったクレジットカードをたくさん紹介していますので、いろいろ勉強してみてください。

各種商品への交換

クレジットカードのポイントは、各種商品への交換も可能です。私の場合は、あくまで「節約」のためにカードを利用しているので商品の交換はあまりおすすめできません。どうしても買わなければいけない商品がたまたま交換できるのならいいと思いますが・・・。商品へ交換する際も、「還元率」には気をつけてください。たとえば、ある商品が2,000ポイントで交換できたとします。2,000ポイントは10,000円の価値がありますが、「その商品が10,000円の価値があるのか?」「10,000円あれば、近くの百貨店でもっと良い商品が買えないか?」などをよく検討してください。

現金で還元されるクレジットカードもある

クレジットカードの中には、わざわざ商品券に交換しなくても自動的に現金でキャッシュバックしてくれるものもあります。交換可能ポイントまで貯まったら自動的に銀行の口座に振り込んでくれるものや、そもそも現金での還元分を請求から差し引いてくれるものもあります。節約には一番いいかもしれませんね。

気をつけたい「最低交換ポイント」

クレジットカードを選ぶ際に注意していただきたいのが、ポイントの還元率と「最低交換ポイント」です。「最低交換ポイント」とは、貯まったポイントを商品や割引券などに交換する際に必要な最低ポイントです。この最低交換ポイントが低ければ低いほど、「いつでも利用できるポイント」ということになります。逆に最低交換ポイントが高すぎると、「たくさん貯めても使えないポイント」になってしまいます。ですから、「最低交換ポイントが何ポイントなのか」は、クレジットカードを選ぶ際に重要なポイントになります。

還元率の高い年会費無料のクレジットカード

年会費無料なのに還元率が高いクレジットカードを3つご紹介します。

一つ目は、還元率1.2%を誇るリクルートカードです。貯まったリクルートポイントはdポイントへの交換も可能になり、使い道がかなり広くなりました。

二つ目は、還元率1.0%の楽天カードです。楽天カードからチャージした楽天ペイで支払いをすると還元率は1.5%にもなります。

三つ目は、三井住友カードナンバーレスです。通常の還元率は0.5%ですが、コンビニ3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)とマクドナルドでは5倍の2.5%もの還元率になります。